【劇団銀河とは・・・】
 “夢と感動を観客に提供する!”をコンセプトに、質の高い演劇を制作し
 日本の演劇文化の向上をめざして活動しています。


【劇団プロフィール】
 1983年 「華泥舎小劇場」の劇団名で旗揚げ公演を行い、演劇活動開始。
       (テレビ・舞台などで活躍中だった、俳優・スタッフが、
        脚本演出家の滝ぶんぺいの下に集まり、劇団結成)

        一貫してオリジナル作品を上演し、親しみやすく感動のある芝居により、
        若者層を中心に幅広い観客層に支持される。

        《この間の主な上演作品》
        『銀河狂走曲』、『新選組哀歌』、『青春狂物語』、
        『戦場の詩』など多数の作品を東京・大阪・名古屋などで公演する。
        またこの間、各地の演劇祭に招聘され公演を行う。

 1990年 組織改編のため、名称を「劇団演劇ショップ」に改名
        『自由への哀歌』上演(帝人ホール)
        『新選組哀歌』上演(ローズホール)
         全国の他の劇団でも上演された、オリジナルの名作を平成版として再演
        『幕末エレジー・青春の飛翔』上演(帝人ホール)
        『ロードランナー』上演(ローズホール)
        『坂本竜馬異聞』上演(メイシアター)

 1996年 劇団の拡充と充実のため組織を改編、
        名称を「劇団銀河」に改名し新たな飛躍をめざす。
        劇団新スタジオ完成
        『悲しき恋泥棒』上演(テイジンホール)
        『新選組哀歌』(テイジンホール)
        『宇宙の彼方から…!?』上演(テイジンホール)

 2000年 『忘れかけてた贈りもの』上演(アクア文化ホール)

 2001年 『サンタがバスでやってきた』上演(アクア文化ホール)

 2002年 『太陽が笑ってる』上演(ローズ文化ホール)

 2003年 『みんなの声がきこえる』上演(ローズ文化ホール)

 2004年 『恋文』上演(ローズ文化ホール)

 2005年 『ぼくの道』上演(ローズ文化ホール)

 2006年 『忘れかけてた贈りもの』上演(ローズ文化ホール)
        『空と大地とボクとキミ』上演(ローズ文化ホール)

 2007年 『サンタがバスでやってきた』上演(クレオ大阪西)
        『記憶は時空(そら)を超えて』上演(ローズ文化ホール)

 2008年 『みんなの声がきこえる』上演(ローズ文化ホール)
        『わたしのクローバーおじさん』上演(ローズ文化ホール)

 2009年 『不思議でたまらない』上演(ローズ文化ホール)

 2010年 『「この指とまれ」を聞きながら』上演(ABCホール)

 2011年 『いつも隣で』上演(ABCホール)

 2012年 『忘れられないクリスマス』上演(ABCホール)

 2013年 『恋文』上演(ABCホール)

 2014年 『忘れかけてた贈りもの』上演(ABCホール)

 2015年 『記憶は時空(そら)を超えて』上演(ABCホール)

 2016年 『いつか観た映画のように』上演(ABCホール)


--------------------------------------------------------------------------------

 劇団銀河  〒540-0026
       大阪市中央区内本町1-1-10 リンサンビル3F
       TEL 06-6946-1830  FAX 06-6946-1860

 

サイト内で使用されている画像などの無断使用・転載を禁じます。